男の離婚準備

【男性の離婚準備】離婚して嫁が出て行った家。勝手に売却しても問題ない?

夫婦である男女が離婚準備に入って、その離婚が成立するまでには、
お互いの条件をそれぞれ提示するなどして、双方が納得すれば離婚届を役所に提出して離婚が成立に至るのです。

 

ですから、離婚してもマイホームを売ってはならないなどの離婚条件の条項でもなければ、離婚した妻が出て行った後の家を売却しても問題はありません。
ただし、それが妻の名義であったような場合は、逆にいえば夫が売りたくても所有者ではないのですから売ることはできないでしょう。

 

また、夫である男性の所有であるならば、売ることは所有者の権利であるので、好きなようにして構いません。
しかし、離婚準備に入ってから離婚が成立するまでには、財産分与などの話し合いも行われているでしょうから、
当然マイホームの処分に関する問題も話し合われているはずです。

 

そしてマイホームが、離婚準備に入った男女が婚姻関係にあった時に築き上げた財産であった場合は、
売却益が出た時には分け合うなどの話し合いも行われていることでしょう。

 

もしも、そうした話し合いが一切なく、家に関することなどもまったく決められていなかったとしたら、
早急に法律の専門家に相談をして、どのようにすれば一番間違いが起こらないか、アドバイスを受けるべきです。

 

夫婦の離婚に際して、何も約束をしなかったために、後からお互いに難癖の付け合いが始まってしまっても困ります。
いざという時に慌てたりしないように、先に手立てを講じておきましょう。